朝晩の運動と生活リズムの変化が入眠を確かなものにしてくれる!?

早朝トレーニングの習慣が付いてきてその結果が身体の
変化として現れる様になると、次第に朝起きるのが
楽しみになってくるものですよね。

それらの習慣を出勤前のゆとりある時間帯に済ませようと
心掛けるものですから、必然的に睡眠時間が前の方にずれ、
前夜の早めの就寝を促してくれるというメリットは大きいもの。

それ以前は夜更かしが当たり前の生活で睡眠時間も
不足気味だった私でしたが、早朝トレーニングを始めてしばらく経つと、
少なくとも午後9時を回った頃には眠気を感じ、10時前には
素直に寝付ける様になったものです。

この生活リズムになると、ちょうど日中眠気を感じるのが
昼休みと合致してくる為、昼寝を昼休み中に行い、眠気が勤務中に
起こる事もあまり無いのです。

メリハリのある睡眠は日中の不意の眠気を防いでくれるという事を
身を持って知る事が出来ました。

また就寝ちょっと前の運動による心地良い疲労がスムーズな入眠を
促進してくれるというのも確かで、私の場合、入浴前のダイエット目的の
エクササイズもまた効いている様です。

猫は私の睡眠導入剤



猫を飼っていたときはよく眠れましたよ。

完全室内飼いだったので私の布団で寝させていました。

というか、私の布団で寝ることが多かったので私は猫がいる布団で
安心して寝ていたのです。

私のベッドに上がってきて、布団と布団の間に顔を近づけ
大きな掛け布団を持ち上げると隙間からスルスルと布団の中へ
入ってくるのです。

その様子が可愛くて可愛くて・・・。

猫が寝る場所はいつも決まっていて私の脚と脚の間でした。

私は横向きで寝るクセがあり脚を曲げているのですが、
猫がその隙間に入って寝るのです。

脚に猫のぬくもりが伝わってきて私は心底安心して眠りました。

今はその猫が亡くなってしまいその安心感はありません。

冷たい布団の中いつまでも眠れないことも少なくありません・・・。

猫がいてくれるだけで本当によく眠れたのです。
あの頃は睡眠で悩むことはありませんでした。

猫が寝ている可愛い姿を見ているだけでも眠くなってしまうほど
猫はすごい存在でした。